Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > A 旭菊酒造(旭菊・綾花)


明治33年(1900年)、朝日のように勢いのある切れのよい酒を願って「旭菊」と命名し創業。「流行に一切左右されない。米本来の旨味を醸し出し、飲み飽きしない純米酒を造ること」を旨とし福岡県久留米市三潴町(みづままち)に蔵を構えます。昭和後期から純米酒、大吟醸酒造りに着手し、全国新酒鑑評会では輝かしい受賞経歴を誇ります。

県内の農家との契約栽培で育てられた完全無農薬栽培の山田錦を使用した「旭菊 大地」。舌の上でふんわり花開く酒質ということから命名された「綾花」は福岡県筑後地区大木町にて契約栽培している山田錦を100%使用。よい酒造りのために米造りから積極的に取り組んでいます。