Home > I 磯自慢酒造(磯自慢) >

5459 ISOJIMAN 磯自慢 大吟醸 播州特A地区吉川特等希少米 愛山 磯自慢酒造 静岡県 720ml
5459 ISOJIMAN 磯自慢 大吟醸 播州特A地区吉川特等希少米 愛山 磯自慢酒造 静岡県 720ml


 
: HK$980.00

Stock Status:(sold out)

Code: T04220017DHC0000
Qty:

Information
 


芸術の域にまで達した銘酒


高い美意識と研ぎすまされた味わいで海外市場やその料理界においても絶大なる評価を受ける静岡の銘酒・磯自慢。2008年7月の洞爺湖サミット公式食事会では、磯自慢・中取り・純米大吟醸35が乾杯酒として供されたり、インターナショナル・ワインチャレンジのSAKE部門においてエメラルドが「純米吟醸酒・純米大吟醸の部」で金メダルを獲得するなど、もっとも世界的に知名度の高い日本酒であるといえます。

本国日本においては酒愛好家たちの憧れの銘柄であり、その徹底した品質管理と高い意識レベルは同業の酒造りをする者たちからも賞賛され手本となっています。とくに総ステンレス貼りの醸造所、部屋全体が冷蔵庫、といった先進的な設備は有名で、「酒にとって良いと思えることは、何でも取り入れる」という方針のもと、伝統と先進的技術の融合を実践しています。


酒造りは「洗いにはじまり、洗いに終わる」

瓶詰めされたその作品は世界で派手な活躍をしていますが、その酒造りは厳しく地味な作業を確実に行うことによって支えられています。 酒造りは「洗いにはじまり、洗いに終わる」と語る寺岡洋司社長。米の洗いから絞りの袋の洗いまで、すべてを洗いに洗う。これが基本。とくに絞りの袋は、使う日の15日前から毎日洗い続けるといいます。磯自慢の研ぎすまされた味はこういった手抜きのない作業の積み重ねによって生み出されてくるのです。

「山田錦はとにかくいい酒ができる。芯白が大きいからね。洗米や麹造りと早朝から夜通しの作業まで、仕事時間は長いが、まぁ、それが当たり前だから」とは麹作りの神様・多田信男杜氏。


香り

磯自慢の特質のひとつに「香り」がありますが、それは決して派手なものではなく、あくまで上品なものです。

「 今はいい酵母が開発されて賞が取りやすくなったようですが、ここでは使っていない。社長も私も嫌いだからね」(多田杜氏)


大吟醸・愛山

兵庫県特A地区特等の希少な愛山の酒といえば十四代と磯自慢。こちらは50%まで磨き込んだ磯自慢の大吟醸。


Share your knowledge of this product. Be the first to write a review »

more products in the same category

I 磯自慢酒造(磯自慢)
SAKE 日本酒
SAKE 日本酒 > SAKE DAIGINJOU 日本酒 大吟醸酒
WINE LIST > COUNTRY > JAPAN 日本
WINE LIST > COUNTRY > JAPAN 日本 > 22 SHIZUOKA 静岡県
SAKE 日本酒 > AIYAMA - 愛山
SAKE 日本酒 > THE REAL GINJOU CLASSICS - 吟醸酒