Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > T 高木酒造(十四代)


海外でも超人気銘柄。


屈指のプレミアム日本酒 元和元年(1615年)創業、山形県村山市に酒蔵を構え、朝日鷹の銘柄で知られた高木酒造。現当主は第十四代高木辰五郎氏。現在の主力銘柄は十四代。プレミアムがついたその市場価格は高級ワインに匹敵し、海外でも超人気銘柄で香港では最も有名な日本酒。

「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」という言葉をすべて特許申請したところ、数字は特許が取れないと判明。しかし不思議なことに、そのうちの「十四代」だけが特許が取れたとのこと。現当主は十四代、そして跡継ぎの高木顕統氏(15代目)が酒造りに参加し新たな銘柄「十四代」を立ち上げました。

当時は淡麗辛口ブームがまだ続いていましたが、そこで顕統氏がリリースしたフルーティーで丸い甘みのある芳醇旨口はセンセーショナルで、あっというまに入手困難な超人気銘柄に。その後ブームは香港のワイン愛好家へ伝播。これがさらに入手を困難にし、市場価格を押し上げることとなりました。