Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > Y YAOSHIN (GANGI)


八百新酒造


明治24年、周防岩國今津川口(現在の山口県岩国市今津町今津川河口)にて創業した八百新酒造株式会社は、初代八百屋新三郎が精魂を込めて造り上げ世に問うた清酒「新菊」により、その長い酒造りの歴史の第一歩を歩み始めました。「新菊」は、明治・大正の長きに渡り周防の美酒として人々に愛され続けましたが、創業者の酒造りの精神は戦後に発表された「錦乃誉」に受け継がれます。 「錦乃誉」は、 清流・錦川の自然に育まれた酒として、大吟醸、純米吟醸、湧水仕込など杜氏入魂の幾多の副ブランドを生みつつ、八百新酒造の代表銘柄として酒好きたちに愛され続けてきました。

雁木

そして平成12年、世代交代を期に新銘柄を発表。その名は「雁木」。 「雁木」とは船着場の階段のある桟橋のことをいい、かつて八百新醸造で造られる酒の原料米は錦川の上流から下ってくる船で「雁木」から水揚げされていました。いわば「雁木」は八百新酒造にとっての原点であり、酒造りの原点に立ち返るという思いから新しい酒は「雁木」と命名されたのです。

以下、八百新酒造HPより・・・「微生物たちとがっぷり四つに組めるように、仕込み量を少量限定して目をかけ手を掛けることを惜しまず、命の交感をしながら酒という生命の誕生に立ち会います。目指すはのびのびとしてしっかりと味ののった生命力溢れる酒質。繰り返し生み続けられるエネルギーを瀬戸内海に臨む錦川の水際から世界に発信する…そんな未来を描いています」