Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > A 青島酒造(喜久酔)


スタンダード酒こそ、ていねいに


静岡県藤枝市上青島、旧東海道沿いに蔵を構え、喜久酔を醸す青島酒造。創業は江戸中期の老舗。吟醸王国静岡の名を全国に轟かせたあの河村傳兵衛氏に師事した青島孝氏が蔵元杜氏。南アルプス系大井川の伏流水を井戸から汲み上げて仕込まれます。この水で米を真冬に手で丁寧に洗うことから青島酒造の酒造りは始まります。米の出来は毎年違うので、素手でその感触を確かめながら慎重にその後の工程が進められていきます。

喜久酔は食中酒として酒好き、食通、グルメ雑誌などから絶賛されており、酒蔵のモットーである「スタンダード酒こそ、ていねいに造れ」のとおり、普通酒や本醸造の評価が他の蔵に較べ抜きん出て高いのが特徴です。