Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > N 西田酒造(田酒)


田酒と喜久泉を擁する西田酒造は青森の地に明治11年(1878年)創業。純米酒ブームの先駆けであり、田酒は全国の日本酒愛好家が何が何でも飲んでみたい銘柄のひとつであり、同時にもっとも手に入りにくい酒のひとつとなっています。


すべてを田んぼから。

田の酒と書いて「でんしゅ」と読みます。「田」はもちろん、酒の元となる米が獲れる田んぼを意味し、名前の通り、日本の田以外の生産物である醸造用アルコール、醸造用糖類は一切使用していないことを力強く主張した、米の旨みが生きる旨口の純米酒です。  「日本酒の原点に帰り、風格ある本物の酒を造りたい」という一念で、昭和45年に昔ながらの完全な手造りによる純米酒の醸造に着手。その後、商品化までに3ヶ年を費やし、発売は昭和49年10月1日でした。

現在は幻の米といわれる、かつての青森県産初代酒造好適米 “古城錦” を特定の農家に栽培を依頼し復活させ、平成3年から仕込みを開始し「田酒 古城乃錦」として地元向けに発売。また、「純米大吟醸 百四拾 田酒」は山田錦に匹敵する良質な酒造好適米育成の研究の末に誕生した、青森県奨励の県産酒造好適米 “華想い” を使用。麹米・掛米すべてに ”華想い”を用い、まさしく「青森の地酒」として西田酒造が渾身の力を込めて世に送り出した逸品です。*百四拾とは、“華想い”と命名される前の県農業試験場系統名「青系酒140号」に由来しています。 精米歩合を55%に抑えた特別純米酒には低精米に向く華吹雪を起用。こちらも青森品種です。



[華吹雪]



青森県産の酒造好適米の歴史は、昭和43年に奨励品種となった「古城錦」に始まり、昭和61年奨励の「豊盃」へと受け継がれてきました。これらの品種は、酒造適性には定評があったものの、耐冷性・耐病性が低いといった、栽培上の弱点がありました。 この弱点を克服し、昭和61年に育成されたのが「華吹雪」です。その栽培適正・酒造適正は、生産者・酒造メーカーに広く受け入れられました。現在では弘前市・三戸町・つがる市に作付けが定着し、県産純米酒用(精米歩合60%の特別純米酒)の原料として、定番となっています。



[華想い]



「華吹雪」は純米酒用の原料としての評価を確立していきましたが、高精白に向かず、精米歩合50%、40%が求められる吟醸酒・大吟醸酒用の原料は、県内メーカーにおいてもほとんどを、県外産の酒造好適米、特に兵庫県産「山田錦」でまかなってきました。 こうしたなか、高級酒用の県産品種として平成14年に奨励品種となったのが「華想い」です。 高精白が可能であり、山田錦に匹敵する酒造適性を有していますが、耐病性に弱いという栽培上の弱点を持つため、県内でも好条件の弘前地区に作付けを限定し、生産しています。 また「華想い」は青森県酒造組合様との100%契約栽培を実施しており、県内酒造メーカーに限定した原料供給を行っています。


Sort By:
1
6928 DENSHU 田酒 特別純米 山廃仕込 西田酒造 青森県 1800ml
: HK$720.00
Available
6928 DENSHU 田酒 特別純米 山廃仕込 西田酒造 青森県 1800ml
西田酒造の地元愛溢れる1本、こちらは青森県産「華吹雪」を100%使用、55%精米、山廃仕込ヴァージョン。ピュアで濃密、そして優しいまさに手造りの味わいです。
   
 
1