Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > S 下村酒造店(奥播磨)


山田錦、夢錦の名産地

瀬戸内海の豊かな穀倉地帯が広がる兵庫県播州平野の北西、播州・奥播磨。下村酒造の在る安富町は、九割を山林に囲まれ、清冽で豊かな水と澄んだ空気、そして何よりも良質の酒米「山田錦」「夢錦」が贅沢に手に入る恵まれた環境に在ります。また冬には、中国山脈より吹きおろす冷気が酒造りに最適の気候とされ、明治17年の創業以来、この自然の恩恵を最大限に生かしきる、手造りによる酒造りを大切に守り続けてきました。

手造りに秀でる技はなし

奥播磨の酒造りは5人の蔵人によって行われていますが、代々伝わる「手造りに秀でる技はなし」の家訓を守り、機械化・大量生産を一切行わず、丁寧な手造りによる伝統の酒造りを守り続けています。酒造りの自然の理に背くことなく、蔵人の情熱と手間ひまをかけて醸す手造りの「奥播磨」は最も自然体に近い酒といえるでしょう。

極少量生産

決して妥協のない奥播磨の酒造り。一本一本丁寧に仕込まれる酒は、実に多くの時間と手間が必要です。また一度に仕込める量は1トンまでで、年間製造数量は600石(一升瓶換算で6万本)しか製造できません。手造りによる伝統の酒造りを守るためにはこれが限界とのこと。