Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > K KANENOI (WATAYA)


極上の食中酒を造りたい


綿屋(わたや)を造る金の井(かねのい)酒造株式会社は宮城県北部の山間の町、栗原市一迫(いちはさま)に位置し、1915年(大正4年)、この地で製材業、味噌造りなど営んでいた三浦順吉氏が、「自分で飲む酒は自分で造りたい」、と創業した酒蔵。三浦家は古くからこの地に続く商家で、かつては養蚕業を営んでいたこともあり三浦家の屋号が綿屋であったとのこと。以前は主力銘柄は「金の井」でしたが、現社長の三浦幹典氏が代々続く名家の屋号を冠して立ち上げた銘柄が「綿屋」です。

三浦幹典氏が南部杜氏の名人・玉山博明氏(平成8年当時)と「極上の食中酒」を目指して造り上げた綿屋 。その名のとおり綿のようにふわりと柔らか な丸みのある口当たり、続いて味わいは口中に広がり料理の味わいも優しく包み込んでいくような感触はまさに極上の食中酒。同時に骨格がしっかりしており、味の強い料理にも難なく対応。ソフトなだけのヤワな酒ではありません。ワイン的なアロマもあるもののあくまで控えめ、料理の引き立て役に徹しています。