Home > T 竹鶴酒造(清酒竹鶴・小笹屋竹鶴) >

5386 TAKETSURU 清酒竹鶴 純米 竹鶴酒造 広島県 720ml
5386 TAKETSURU 清酒竹鶴 純米 竹鶴酒造 広島県 720ml


 
Alternative Views:


: HK$220.00

Stock Status:Available

Code: T06340001CAC0000
Qty:

Information
 


「自然が相手」ではない。
「自然と一体化」してこそ酒造りができる。


これは1996年から竹鶴酒造の杜氏を務める石川達也氏の酒造りのスタンス。醪はコントロールせず、醪がなりたいように自然に育てる。温度管理もしない。酵母に糖を全部食わせる=発酵しきらせる醸造。味や香りの設計などせず、米が酒に育っていくのを自然と一体化して見守るだけ – こんな酒造りが出来る蔵はなかなかありません。出来上がった酒はなるほど他に比較対象のないユニークなスタイルであると同時に日本酒究極の一本であるといえるでしょう。

竹鶴酒造

江戸中期の1660年代(万治年間)「小笹屋(おざさや)」の屋号で製塩業を営み、冬場に余剰の労働力を流用して1733年(享保18年)に酒造業を開始。家裏の竹藪に鶴が営巣した事を瑞兆と喜び、「小笹屋竹鶴」を銘柄・姓として用いた。 竹鶴酒造はニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝氏の生家として知られ、彼をモデルとしたNHK連続テレビ小説「マッサン」の放映開始(2014年9月)に伴って究極の通好み・超硬派な酒であった竹鶴は突如超有名銘柄となり注文が殺到、蔵の供給が追いつかない事態になっております。 これを機に日本酒への認識が一変する人々も多くでてくるでしょう。

清酒竹鶴純米

造り手曰く「頭で飲むより舌で味わってください」。・・・人気の酒の多くはラベルに「大吟醸」や「山田錦100%」とか「精米歩合35%」「限定生産」などといった言葉が踊り、飲み手をワクワクさせ、ある意味「情報を飲んでいる」というところがあるのは確かですし竹鶴にもハイスペックな銘柄、ごく少量生産のレアアイテムも存在しています。ところがこの清酒竹鶴純米はなんとも地味なスペック。しかし何杯でものみたくなるその味わいと、多くの人が毎日飲むのに無理のない価格、ここに本当の竹鶴酒造の凄さと懐の深さを感じることができます。燗を付けると一気に味わいがふくらみます。特殊な酒扱いをされることも多い竹鶴ですが、清酒竹鶴純米は良い意味で非常に飲みやすい、普段飲みには最高の1本でしょう。他の竹鶴シリーズ同様に、開栓後に常温保存するとむしろ旨味が増します。

弊社の扱うワイン=ニコラ・ジョリー、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、トラペなどに慣れ親しんだ方々にはさほど意外ではないと思います。これらのワインも抜栓後数日〜数週間にわたって味わいが変化・向上していきますから。実は竹鶴は以前より一部のワイン愛好家の方々からすでに「発見」され、他の日本酒とは異なるスタンスで捉えられてきました。今後、これまでの型にはまった日本酒関係者らが形成するマーケットとは違ったところでファンを獲得する可能性大の注目の蔵です。

Share your knowledge of this product. Be the first to write a review »

more products in the same category

T 竹鶴酒造(清酒竹鶴・小笹屋竹鶴)
SAKE 日本酒
SAKE 日本酒 > SAKE JUNMAI 日本酒 純米酒
WINE LIST > COUNTRY > JAPAN 日本
WINE LIST > COUNTRY > JAPAN 日本 > 34 HIROSHIMA 広島県
SAKE 日本酒 > AGED and for AGEING - 熟成酒、熟成向けの酒