Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > H HOUKEN (HOUKEN)


寶剱名水


創業明治5年(1872年)、瀬戸内海国立公園、野呂山の山麓に蔵を構え、宝剣名水といわれる蔵の敷地内の湧水を用いて(ラベルに湧水仕込、と記されていますね)八反錦を筆頭に、酒未来(十四代から譲り受けたもの)、愛山、山田錦などといった最上級の米を、蔵元杜氏・土井鉄也氏が一滴入魂で醸します。

ここも多くの蔵同様、先代の時代までは凡庸な酒を量産していましたが、五代目土井鉄也氏が一念発起、まずば広島産八反錦に全てを集中し試行錯誤。宝剣名水という稀有な湧水、利き酒の才能にも恵まれた土井氏(全国利き酒選手権で優勝、入賞多数)は、みるみるうちにこの蔵本来の潜在能力を顕在化させ、「広島に宝剣あり」、と酒好きの間で話題になり、メディアに取り上げられたこともありその知名度は全国区となりました。


一滴入魂

純米酒から純米大吟醸まで、「一滴入魂」はまったくブレがなく、とくにスタンダードの純米酒・八反錦は地元広島の料亭・割烹居酒屋などから絶大なる支持を受けており、多くの店が「おまかせを、あるいはオススメを、といわれればまずこれを出しておけば大丈夫」と言います。その味わいは純で旨味たっぷり、燗上がりし、存在感は十分ながら決して料理を邪魔しない、という理想的な食中酒。玄人好みのキレのよい辛口ではありますが、料理を引き立て、なぜか杯を重ねたくなる後口の甘みは湧き水「宝剣名水」によるところが大きいとのこと。



Sort By:
1
5682 HOUKEN 宝剣 純米大吟醸 限定中汲み 湧水仕込 宝剣酒造 広島県 720ml
: HK$390.00
Available
5682 HOUKEN 宝剣 純米大吟醸 限定中汲み 湧水仕込 宝剣酒造 広島県 720ml
難しい八反錦での酒造りをものにした土井氏は、山田錦や愛山、十四代から譲り受けた酒未来を使ったものへとその酒造りを発展させていきます。これは王道中の王道、兵庫県産山田錦の純米大吟醸です。精米歩合40%、中汲みだけを使った贅沢なつくりです。派手な吟醸香というよりは山田錦のふくよかさを丁寧に、キレ良く宝剣流儀で表現した高級品。

New star from Hiroshima. Fruity aroma, full of Umami, lovely sweetness of rice, middle weight, everything is in perfecy balance. 100% Yamadanishiki, 40% Polish.
   
 
1