Home > SELECTION (SAKE 日本酒) > M MARUOHONTEN (YOROKOBIGAIJIN)


Maruo Honten Brewery is located near Kotohira-gu Shrine in Kotohira-cho, Kagawa Prefecture and was established in 1885. The sake named “Yorokobi-Gaijin” is made by traditional method by artisans. The rices are steamed by wooden basket and caldron to gain the best condition. They make huge efforts to brew whole range of sake equally - from Junmai-shu to Junmai-daiginjou. All hand made, especially the sake is unfiltered and without using any charcoal at all.

The sake Yorokobi-Gaijin is totally outstanding. Strusctured, robust yet delicate, dense, balanced sake can age for long time. The sake shows full picture with high-resolution and liven up when it's warmed.
Sort By:
1
6966 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 純米吟醸 無濾過生 赤磐雄町 丸尾本店 香川県 27BY 1800ml 4189 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 山廃仕込 赤磐雄町 純米酒 無濾過生 丸尾本店 香川県 28BY 1800ml 5302 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 純米大吟醸 丸尾本店 香川県 1409 720ml
: HK$880.00
Available
more info
: HK$620.00
(SOLD OUT)
more info
: HK$650.00
Available
more info
6966 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 純米吟醸 無濾過生 赤磐雄町 丸尾本店 香川県 27BY 1800ml 4189 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 山廃仕込 赤磐雄町 純米酒 無濾過生 丸尾本店 香川県 28BY 1800ml 5302 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 純米大吟醸 丸尾本店 香川県 1409 720ml
岡山県の赤磐雄町100%(麹・掛ともに)使用、精米歩合50%、600kgの少量仕込み。平成27年度醸造。最上の雄町の持つ太い野性味、これが凱陣マナーでおそろしく上品に、そして勢いはそのままに、なんとも美しい純米吟醸に仕上っています。これも長期にわたって育つことは間違いない酒でしょうが、今のこの味わいも捨てがたい。酒は・・・いつだって飲みたい時が飲みごろ。飲みたい時に惜しみなく飲んでしまってよいのではないでしょうか。 毎年産地違いで雄町を仕込んでいる丸尾本店。こちらは、岡山県の赤磐雄町100%を使用した山廃で、精米歩合は68%、平成28年醸造。濃厚なエキスに気品漂う端正な骨格、いつもの凱陣です。冷酒も旨いしもちろん燗も。燗冷ましもこれまたよい。例によって開栓後もかなり保ちそうですので、ゆっくり飲んで味わいの変化を楽しむのもよいでしょう。 山田錦を40%まで磨き込んだ純米大吟醸。凱陣ならではの酸に支えられた強固な骨格に繊細さと華やかさが加わった極上の一本。凱陣は硬派すぎて、と思われている方はこれを飲んでみてください。凱陣の秀逸さとはその濃密でパワフルな味わいを品良くまとめあげているところにあるのです。意外と思われるかもしれませんがぜひ燗を付けてみてください。孔雀が羽を広げるように華やぎ軽さを増します。
5274 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 讃州山田錦 純米吟醸 無濾過 丸尾本店 香川県 24BY 720ml
: HK$570.00
Available
more info
5274 YOROKOBIGAIJIN 悦凱陣 讃州山田錦 純米吟醸  無濾過 丸尾本店 香川県 24BY 720ml
地元讃州産山田錦100%(麹・掛ともに)、精米歩合50%。平成24年度醸造でリリースは平成26年。これも比較的長期の熟成の後に蔵出しされています。山田錦も丸尾本店の手にかかるとよりそのポテンシャルを引き出されるのでしょうか、従来のふくよかさに加えて一歩踏み込んだ複雑性や奥深さが表現されています。これは旨い。パンチの効いた味ですが、それは比較的高いアルコール度数18−19度のせいではなく、酒本来のエネルギー感からくるものでしょう。むしろアルコールなど感じずにいくらでも飲めてしまいます。
   
 
1