Home > SAKE 日本酒 > Clearance SALE >

A342 YAHIKOAIKOKU 弥彦愛國 純米吟醸 弥彦酒造 新潟県 720ml
A342 YAHIKOAIKOKU 弥彦愛國 純米吟醸 弥彦酒造 新潟県 720ml


 
Alternative Views:


: HK$290.00
: HK$188.00

Stock Status:Available

Code: T04150094FCC000A-30
Qty:

Information
 



弥彦愛國 純米吟醸
YAHIKO-AIKOKU Junmaiginjou, the Terroir Sake

Soil, water, air, rice(Aikoku), yeast and people - 100% made in Yahiko. And label is drawn by local calligrapher one by one. Aikoku is a rice varietal which had been grown in Meiji era. Aikoku doesn't fit today's trend of market taste, but it had possessed many charming points which today's sophisticated sake rice lost. (*Aikoku used to be one of the three big name of ancient rice, together with Kamenoo and Shinriki. Also Aikoku is a roots of Koshihikari, Sasanishiki and Hitomebore)

弥彦産の米で、弥彦の桜から分離した酵母で、弥彦の蔵元で醸造し、弥彦の書家がラベルを作る-「農業から醸造まで全量弥彦産の酒をつくろう」を目標に、弥彦酒造・越後中央農協弥彦支店・酒屋やよい・書家 田中藍堂・農家の方々、弥彦に生きる人々と立ち上がったプロジェクトが「弥彦愛国」です。かつて広く栽培されていたものの、戦後姿を消した懐かしの「愛国」を見事に復活させ、純米吟醸を仕立てました。

「愛国」は東の「亀の尾」西の「神力」と並び称されるジャポニカ米の三大品種。明治中期に生まれた品種で玄米が円粒、炊飯米は釜ぶえをし、いもち病に強く、不良環境下で安定した多収を得やすい品種であることから関東地方を中心に広く普及しました。昭和初期に全盛期を迎え、戦後に衰退した極めて長命な品種でした。「愛国」は明治時代の条件に適応した品種であり、現在の稲作環境には適さず、明治期の背丈の高い稲は伸びすぎてみな倒伏してしまうなど、余分な管理がともないます。しかしそれだけ苦労を重ねても挑戦するに値する「愛国」に、現代の酒造品種にはない魅力があるのです。

Share your knowledge of this product. Be the first to write a review »

more products in the same category

SAKE 日本酒 > Clearance SALE
SAKE 日本酒
SAKE 日本酒 > SAKE JUNMAI GINJOU 日本酒 純米吟醸酒
WINE LIST > COUNTRY > JAPAN 日本
WINE LIST > COUNTRY > JAPAN 日本 > 15 NIIGATA 新潟県