Home > SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME >

4811 CHANTEREVES VdF L'INTRUS SYRAH 2017 750ml
4811 CHANTEREVES VdF L'INTRUS SYRAH 2017 750ml


 
Price HK$190.00

Stock Status:Available

Code: F09000083KAJ2017
Qty:

Information
 


Tomoko Kuriyama and Guillaume Bott, the maison de vin "Chanterêves", this micro-négoce has already released 6 vintages(2010-2015) and had established a firm position. Today, older vintages such as '10, '11, '12, '13 have prove ability of their wine to age and authenticity, and newer vintages '14 and '15 indicate synchronization of their direction and natural wine movement much clearer.

They work with growers closely to obtain ideal grapes(they also work in vineyards), and using biologically farmed grapes preferentially. Wine-making has carried out naturally as much as possible under non-interventional manner. Fermented by indigenous yeasts, new barrels are not used for white wine at all. There is no gimmick or makeup. This natural wines are supported by high quality of grapes and their artisanal spirit with sophisticated skills.


L'Intrus Syrah 2017

L’Intrus, an english translation of "intruders" are extended projects of Chanterêves. They are not predominently "terroir wines" even though each comes from one single site, but more an expression of beauties we seek in "cool climate wines".

L’Intrus Rouge is 100% Syrah from a certified organic vineyard of Valréas in the south of Côte du Rhone on the altitude between 400 and 420 meters. Vinified with carbonic maceration without any additives (no SO2, chaptalisation nor acidification), it has a natural balance of what nature gives, the natural alcohol level around 13 to 14 % with marked acidity. It is a "cool climate Syrah" of transparency and elegance. (by Chanterêves)



L'Intrus Syrah 2016

ラントルとはそもそも、侵入者を意味するフランス語です。ラベルにアペラシオンを明記し、アペラシオンのテロワールを表現を志向している私たちのブルゴーニュ・ワインとは別に、アペラシオンの解釈に捉われず自由にワインを造ってみたいと思っていたところに、ご縁で南ローヌのヴィニュロンと出会いました。

彼は南ローヌに二つのドメーヌを持ち、総140ヘクタールにわたる自社畑に有機認証を取得した野心的な若者で、私たちに葡萄を売っても良いというのです。早速ドメーヌを訪れ、畑を見て周り試飲をし、幾つもあるアペラシオンの中でヴァルレアス村のシラーに目をつけました。ヴァルレアスは海抜400メートル強の高地で石灰土壌。水捌けが良く冷涼で、一昔前は葡萄が充分に熟さないと敬遠されたものでしたが、温暖化の恩恵を受け、今では冷涼気候でありながらきちんと糖度が上がります。酸とミネラル感とエレガンスを持ったワインを作りやすい冷涼気候の畑は私たちにとって理想です。

シャントレーヴはブルゴーニュの蔵ゆえ、アペラシオン・コート・ド・ローヌ・ヴァルレアスは名乗れません。ですからアペラシオン・ワインではなく「フランスのワイン」、つまりヴァン・ド・フランスという明記になります。ラントルは、ブルゴーニュのヴィニュロンである私たちが他の土地にわけ入ってワインを造ること、そして異邦のワインがブルゴーニュ中心のシャントレーヴのラインナップに加わったこと両方を示唆しています。遊びとさらなる冒険を夢見て。ブルゴーニュとはまた違うアプローチでラントルを造ってみると、ブルゴーニュを造るための新たなインスピレーションを得ることもあります。

ラントルとなるシラーは、丁寧に手摘みし徹底的に選果したあと、全房ごと発酵タンクに入られ、SO2無添加で醸造されます。セミマセラシオン・カルボニックの手法を取り入れています。ピエス樽(228リットルの小樽)で9ヶ月熟成し、2回澱引きしたあと、SO2はもちろん一切の添加物無しに瓶詰めしています。もちろん無清澄、無濾過です。2016年はまだ若いですが、抜栓から数時間するとしっとりと落ち着き、奥行きと余韻が感じられるようになります。ラントルを造り始めて2年目が2016年でした。これからますます畑と品種への理解を深めながら、エネルギーと表現力を持ったワインを造るべく、切磋琢磨していこうと思います。

by Tomoko Kuriyama

Features


Share your knowledge of this product. Be the first to write a review »

more products in the same category

SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME
SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME > CHANTEREVES - 2017.10 Article Issue 27 magazine p
SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME > CHANTEREVES - 2015.11.20 Article Winehog.org
SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME > CHANTEREVES - 2015.04.08 Article Winehog.org
SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME > CHANTEREVES - 2016.11.25 Article Winehog.org
SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME > CHANTEREVES - 2017.12.09 Article Winehog.org
SELECTION > CHANTEREVES - TOMOKO + GUILLAUME > CHANTEREVES - 2018.06.13 Article Winehog.org
WINE LIST > COUNTRY > FRANCE > BOURGOGNE
WINE LIST > COUNTRY > FRANCE > BOURGOGNE > AOC BOURGOGNE, GRAND ORDINAIRE, OTHERS
WINE LIST > TYPE > RED
THEME > NATURAL WINES (BIOLOGIQUE, BIODYNAMIE)